LOG IN

目抜き通り

by tajima

朝会社に着いたら、隣に座っている後輩がスマートフォンで動画を見ようとしていた。
聞き覚えのある色っぽい女性の声。
音が思っていた以上に大きく響いたせいか、ほんの1、2秒で慌てて消してしまう。
ぼくが「銀座の?」と聞くと「そうです。よく分かりましたね」と驚かれた。
20日にオープンする「GINZA SIX」のPR動画の曲で、椎名林檎が書き下ろしたものだった。
解禁されたばかりの動画がたまたまtwitterで回されてきて、朝寝ぼけながら布団の中で見ていた。
知ったかぶりできたのは、twitterのおかげ。
サンキューtwitter。

トータス松本とのデュエットで、いかにも椎名林檎らしいビッグバンドの華やかなサウンドが印象的。
飛び交う銀色の風船、塗れた道路に踊る老若男女、舞い散る紙吹雪。草間彌生の作品らしい立体造形も浮かんでいる。
銀座のメインストリートを舞台にした映像は、確かに享楽的で豪華。
TOKYOらしい。
でも何か物足りない。
すっごくよくって何度か見たんだけど、このゴージャスさは日本レベル。
これがもしアメリカだったら、最後のタイトルバック直前のカットはもっとたくさん人がいたって思うんですよね。
で、随所にトップクラスのタレントがカメオ出演していたと思うんだよなあ。
本当にすごくいいんですよ。
曲も絵も。
見とれた。
うっとりした。
でも、今の日本が背伸びした贅沢の限界がここにあるんだったらと思うとちょっとさびしくなった。
現実が気になって遊びに夢中になれないむなしさみたいな感じ。




tajima
OTHER SNAPS